• 期間工の求人に係わる失業給付の関係

    • 昔は、期間工を6カ月以上継続雇用しさえすれば、失業保険の受給資格を満たすので、それが求人を行う場合の条件として有利に働くということがありました。

      しかし、考えても分かる通り、求人側と求職者側の両方にとって都合が良いとしても、失業給付という本来の目的からすれば、邪道な技ということも言えました。

      そこで受給資格が変更され、今は失業以前に1年の労働期間と雇用保険の加入が必要となっています。

      期間工を情報を幅広くご活用下さい。

      この点は、期間工を求人する際に、昔のやり方を踏襲しているだけですと、後でトラブルになる危険性があるので、採用する側も応募する側も心しておく必要があります。

      ビジネスジャーナルに対する期待が寄せられています。

      正確には、離職する前の2年間において、雇用保険に加入した上で、給与が発生する労働を行った日数が11日ある月が12カ月以上必要ということになっています。



      離職以前の2年以内に、前述のとおりの労働実績が12カ月以上ある場合は、労働の期間に応じた失業保険の給付期間が決まるという仕組みで、1年以上5年未満のケースは90日間支給されるということになります。

      期間工という形態からすれば、5年以上勤務が継続するということはないでしょうし、3年以上継続した場合は、別の法律で雇用形態を変えなければならないという制約もあります。
      大手の企業では、こうしたことが徹底されていますが、中小企業では、まだまだ浸透していないところもあるので、募集する側と応募する側の両方が注意する必要があります。

  • 転職の秘訣

  • 納得の真実

  • 転職コラム・わかりやすい情報